症状で見る給湯器水漏れの原因

普段使っている給湯器は、水漏れなどの故障はなかなか起こりにくいように作られています。それだけ頑丈に作られているものですが、それでも長年使い続ければどうしても不具合が発生しやすいです。このため水漏れが起きるとどうしたらいいかわからなくなるということもあります。まずは症状で何が原因なのか探ってみることです。

■内部で水の流れる音がする

給湯器の内部で何か水がぽたぽた垂れているような音がしている場合があります。その他にも給湯器を設置している真下の部分が濡れているのであれば、内部のどこかが原因と考えていいでしょう。この場合、配管の継ぎ目に取り付けられているパッキンが経年劣化している、もしくはピンホールといって銅配管のどこかに穴が開いていることが原因です。少量の水漏れであれば、今まで通りお湯も出るので通常どおり使用できます。しかし放置していると症状はどんどん悪化してしまうので気がついたら早目に修理をします。

■水道料金が上がっている

以前と比較して特段使い方が変わっていないのに水道料金が跳ね上がった、お湯を使っていないのに水道メーターが回っている場合、配管の水漏れが原因となっている場合があります。給湯器からお湯の流れる配管は、建物の内部を走っているため見た目では気が付かないことも多いです。またお湯を使っていない場合、給湯器の動きもストップします。ところが中を見ると燃焼し続けているのであれば、配管のどこかで異変の発生している可能性があります。

■まとめ
給湯器の故障は素人にはなかなか対処できません。下手に専門知識を持っていない人がいじると、逆に症状の悪化することもあり得ます。しかしどこが原因箇所か特定することは、上で紹介したような症状を見分けられれば、素人でも把握できます。原因がわかっていると業者も修理に取り掛かりやすくなります。水漏れが起きているのなら、修理の際に具体的な症状を業者に伝えるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ