給湯器の水抜き栓からの水漏れ

給湯器 水漏れが起きていると、故障したと思う人は多いのではないでしょうか。しかし中には一見すると漏れているような感じがしますが、実は正常に作動しているだけというケースがあります。給湯器にはバルブのようなものがついていて、ここから漏れているのであれば心配する必要はないです。ここは水抜き栓といって、凍結防止などのために水を抜くために取り付けられているからです。

■水抜き栓とはどのようなものか

水抜き栓は給湯器内部が何らかの理由で圧力が高まったときに、減圧するために水を出すための装置です。もしこの部分から水が出ているのであれば、それは水漏れなどの故障ではないので心配する必要はないです。もし水が出ているのであれば、そのまましばらく経過観察しましょう。通常しばらく水が出たら、自然と止まるはずです。そして蛇口をひねっても、通常通りお湯が出てくるでしょう。特に旅行などでずっと外出していて、長期間使っていないと内部の圧が高まりやすくなります。このため、水が出やすくなります。

■大量に水漏れしている場合には注意

このように水抜き栓から少し水が出ていて、しばらくすると止まった場合にはあまり心配する必要はないです。ただし大量に水が流れ出している、いつまでたっても水が止まらないようであれば、故障している可能性があります。この時には給湯器のコンセントをいったん抜いておきます。そのうえで本体のすぐ下のところに取り付けられている給水バルブを閉めて対処しましょう。このバルブは普段あまり使いません。このため、硬くなっていて閉まらないこともあるでしょう。その場合には止水栓を閉めるといいです。

■まとめ
このように給湯器の水漏れの中でも、水抜き栓から出ている場合には正常に機能していると思っていいでしょう。しかしなかなか水が止まらない、大量に水が流れ出ているのであれば、故障の可能性もあります。心配であれば上で紹介した応急処置をしたうえで、修理業者を呼びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ