給湯器の配管からの水漏れ

給湯器の配管などで水漏れが起きている場合、速やかに水道 修理業者を呼んだ方がいいでしょう。そのまま放置しても自然に直ることはないからです。いろいろな箇所で漏れが起きている可能性が考えられますが、その中でも配管で発生しているケースも少なからず見られます。その場合の対処法について、紹介します。

■そのまま放置するのは危険

給湯器の配管で水漏れが起きている場合、どこで発生しているかも重要なポイントです。本体の接続部分から屋内へと配管は伸びています。屋外の部分で発生しているのであれば、まだ被害は少ない状態と考えられます。しかしもし屋内で起きているとなると、なかなか厄介です。というのも、目に見えない壁の中などを配管が伝っているからです。ここで水漏れが起きていると、天井や床を濡らしてしまって、錆や腐食を進めてしまいます。マンションなどの集合住宅で発生している場合、階下に被害の拡大するケースも考えられます。早めに適切な措置を講じることが大事です。

■業者に来てもらう前に

もし配管で水漏れが起きているようであれば、速やかに修理の専門業者に連絡することが大切です。この時わかる範囲で構わないので、状況を伝えるといいでしょう。業者によっては、到着する前に何かできることがあれば指示を出してくれることもあります。基本的に給湯器は使用せずに電源を切っておくこと、屋外で漏れの発生している場合にはその下に雨漏りの時のようにバケツを置いておくといいです。


■まとめ
本体内部の水漏れの場合、不完全燃焼を起こして一酸化炭素を発生させるなど危険性が高くなってしまいます。しかし配管の水漏れについても、特に建物内部で起きていると住宅の強度などに長年かけて徐々に悪影響の出る恐れがあります。ですから応急処置を施して、速やかに業者に連絡したほうがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ